ブログ BLOG
佐倉市の空き家対策
2022.05.22

空き家問題はトラブルになる前に事前に対策を!〜佐倉市の空き家対策の基礎知識〜

「空き家等対策の促進に関する特別措置法」が始まったことを受けて、

空き家の活用や管理、売却の動きが活発になっています。

 

適切に管理をしないことで家が傷み所有者が損害賠償を問われる可能性や、

空き家を有効活用するメリットがでてきているからです。

 

老朽化した空き家が倒壊すると隣接家屋への影響が懸念されますし、

そこまではいかなくても悪臭が発生したり、ゴミが大量にたまっている場合などは

近隣トラブルにも発展しやすいといえるでしょう。

 

空き家は基本的には火災保険に入れないため、

空き家問題でトラブルになる前にできることがあると思います。

そこで今回は佐倉市の自治体情報やトラブル事例、最初に取り組むことなどをご紹介しますので、

ぜひチェックしておいてください。

空き家の放置で起きる問題

適正に管理されていない空き家が周辺に深刻な影響を及ぼしているという背景から

「空き家等対策の促進に関する特別措置法」が制定されましたが、

空き家を放置しているために引き起こされるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

人が住んでいない家は台風など破損しても、修理等の管理がされていないため

家の倒壊や破損などによって近隣や通行人に被害が生じると

損害賠償を問われることがあります。

 

また、庭などの雑草が伸び放題になっていると

害虫の発生やネズミなどの繁殖、ゴミの不法投棄などにより

不動産価格にも影響を及ぼす問題も起きています。

 

このほか、不審者の溜まり場になると治安が悪化することもあるうえ、

実際にタバコの不始末や空き家への放火で事件も発生しています。

このように、空き家の放置は防犯面、防災面にまで影響することもあるのです。

 

空き家のトラブルとは…

・老朽化による倒壊の危険性

・外壁や窓ガラスなどが割れて通行人に怪我をさせる危険性

・不審者の侵入やゴミの不法投棄

・放火による火災

・景観の悪化

・治安の悪化など

 

「空き家の管理や売却のことで悩んでいる」

「空き家を持っていてもまずは何から手をつければいいのか分からない」

という方が多いと思いますが、なかなか整理できずに時間が過ぎてしまうと

老朽化が進み、危険な状態になってしまう場合も珍しくありません。

 

空き家対策の基礎知識1:佐倉市の自治体情報

空き家のトラブルはデメリットになりますが、

税金や行政の制度を知っているだけでメリットになることも。

 

まずは、空き家を相続した場合や固定資産税についての問題を

理解した上で、将来、売却や賃貸したい場合に家の片付けや

整理を始めるのがベストでしょう。

 

1.住宅用地の特例からの除外

200㎡以下の住宅用地は、固定資産税を1/6とする特例措置がとられていましたが、

税制改正によって「空き家等対策の推進に関する特別措置法」に基づく勧告の対象

となった特定空き家等の土地については、住宅用地の特例から除外されることになりました。

 

適正な空き家管理が行われていないために勧告の対象になると

固定資産税が重くのしかかってきます。

http://www.city.sakura.lg.jp/0000028972.html

2.空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除

空き家を相続したら、一定の要件を満たす場合には譲渡所得から3,000万円を

特別控除することができます。

リフォームや譲渡などの条件に当てはまれば特例の適用を受けることができます。

http://www.city.sakura.lg.jp/0000026067.html

3.空き家バンク賃貸登録物件のリフォーム補助

空き家バンクに登録されている賃貸物件の所有者、賃貸物件を賃貸した利用者は

空き家バンクに登録されている物件のリフォーム及び家財道具の処分費用の一部が補助されます。

https://www.city.sakura.lg.jp/0000016874.html

空き家対策の基礎知識2:放置せずに片付ける

空き家対策では放置せずに早めに対策することがポイントです。

 

そのまま放置をしていても解決することはないので、空き家を将来どうするのか

決まっていない場合や売却や賃貸を検討している場合には、

かたづ警察で不用品の片付けなどを始めておくことをオススメします。

 

1.空き家をそのまま維持したい方

空き家をそのまま維持したい場合には、トラブルにならないように管理するのが一般的ですが、

「空き家の大量の片付け作業はなかなか自分達では処分できない」

「片付ける量が多過ぎてご近所に知られたくない」

という方はプロに頼ることもできます。

 

この点、見積もりも無料で

粗大ゴミの処理・リサイクルにも強いかたづ警察なら

無駄なく作業をしてくれます。

2.空き家を将来は売却したい方

空き家を将来売却したい場合には、家の掃除や片付けが必要になります。

しかし、大型の家具や電化製品、粗大ゴミなどをなんとか処分したいけど、

仕事が忙しくて片付けられないという方も多いのではないでしょうか。

 

かたづ警察では大型の家具の運び出し、家電リサイクル券の発行、

遺品整理などにも対応できます。

3.空き家を将来は賃貸したい方

空き家を将来賃貸したい場合には、掃除や片付けの他に除草作業や伐木、

剪定などが必要になることがあります。

 

かたづ警察では不用品の回収に伴う除草作業や伐木、剪定などの作業にも

対応していますので、不用品の回収業者と清掃業者の2社に依頼するよりも

スピード感と作業コスト面でも安心です。

4.火災などの特殊なケースでは

かたづ警察では火災現場の残置物回収作業や行政手続きのお手伝いや

アドバイスも行っています。残置物の解体や特殊清掃もご相談ください。

粗大ゴミの処理などは自治体によって規定が異なりますが、

各市のルールに順守して適切な処理を行います。

 

千葉県の空き家対策はかたづ警察を

かたづ警察は市原市、千葉市、八千代市、四街道市、佐倉市、袖ヶ浦市、

成田市、富里市、酒々井町、大多喜町、いすみ市の一般廃棄物収集運搬許可を受けています。

(無許可の業者に依頼すると高額請求や不正処理のトラブルに巻き込まれる可能性があります)

 

かたづ警察

①お電話、ホームページ、LINEからお問い合わせも簡単

②見積もりは完全無料

③安心の損害賠償保険への加入

④見積もりだけでもOK

 

空き家対策や家の片付け、不用品の処理などで

分からないことがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

お困りごとやご要望を伺った上で、しっかりとサポートさせていただきます。

みどりBLOG一覧

みどりBLOG みどり産業ではたらくメンバーが、仕事の出来事や役立つ情報を発信していきます。

みどりBLOG一覧