事例集 CASE STUDY

汚れた廃プラスチックの処理に困っていました千葉県 スーパーS店様のケース

サービス利用前のお困りごと

  • かさばってしまうので、保管場所がない
  • 通常ごみとして出していいのか、処理方法がわからない
  • 回数が多いので、契約書の管理がとても大変
  • 生鮮品を多く扱うため、廃プラスチックがでるのですが、通常ごみなのか産業廃棄物なのかよくわからない。 また、日によって出る量も違い、多い日もあれば少ない日もあるのでどうやってコスト削減の方法に悩んでいます。

「汚れた廃プラスチック」は産業廃棄物です!
許可証のある廃棄物処理専門の施設と回収業者が必要です。

解決ポイント

  • ルート便で効率よく回収できるのでコストを抑えることができます
  • 電子マニフェスト対応で、契約書締結がスムーズに管理もらくらく
  • 専門の処分先「シンシア横浜R・Cセンター」なので、安心して処理ができます