ブログ BLOG
乾電池処分
2021.03.16

会社からでた電池の処理について!事業系ごみの基礎知識!

ボタン電池、リチウム電池

ごみの処理責任が事業者にあるということは知っていても、廃棄物処理法は毎年数回改正されていて、
法律の内容も難しくどうやって適正な処理業者を選べばいいのかわからない、と思う方は多いでしょう。
千葉県市原市の「みどり産業株式会社」(http://www.midori-sangyou.co.jp/service/corporation/)が、会社から出た電池の処分方法についてご紹介します。

事業系のごみは一般廃棄物?産業廃棄物?

はじめに事業系のごみの種類をみておきます。そしてどのように処分するのかを考えていきましょう。
事業系のごみは「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」に分かれます。
廃棄物処理法で定められている産業廃棄物の品目以外は、事業系一般廃棄物です。

事業系ごみ
・事業系一般廃棄物
・産業廃棄物(法律で定められた品目)

事業系一般廃棄物や産業廃棄物にあたるごみは、家庭ゴミのようにゴミ置き場は出せず、事業者自らの責任で適正に処理をするか、
一般廃棄物処理業者や産業廃棄物処理業者などの許可を得ている業者に依頼をして処分する必要があります。
事業系のごみの処分は、事業者には処理責任があるということを覚えておいた方がいいので、廃棄物処理違反などのリスクを負わないように産業廃棄物処分の理解を深めていただければと思います。

※廃棄物の処理及び清掃に関する法律(事業者及び地方公共団体の処理)では、市町村によって産業廃棄物ではなく一般廃棄物としての取り扱いを認めていることもありますので、ご不明な点はご相談ください。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律(事業者及び地方公共団体の処理)
第十一条 事業者は、その産業廃棄物を自ら処理しなければならない。
2. 市町村は、単独に又は共同して、一般廃棄物とあわせて処理することができる産 業廃棄物その他市町村が処理することが必要であると認める産業廃棄物の処理をそ の事務として行なうことができる。
3. 都道府県は、産業廃棄物の適正な処理を確保するために都道府県が処理するこ とが必要であると認める産業廃棄物の処理をその事務として行うことができる。
出典:経済産業省 廃棄物処理法

電池の種類と処分ついて

会社でたくさんの電池を使用することがあると思いますが、「電池は産業廃棄物でしょうか?一般廃棄物でしょうか?」といったご質問が多くよせられます。ぜひ、そんな時には専門業者を頼ってほしいと思います。
まずは電池の種類によって分類されます。
一般廃棄物なのか産業廃棄物なのかですが、乾電池は基本的には産業廃棄物の20種類に該当する、金属くず(亜鉛缶、鉄製の外装)と汚泥(二酸化マンガンなど)の「混合廃棄物」です。
「業種を限定せず産業廃棄物となるもの」に該当するため、事業者がごみとして排出する場合は、産業廃棄物として処分しなければいけません。

産業廃棄物のなかでも特定の取り扱いが定められている廃棄物というものもあり、電池の種類によっては、水銀を含む水銀使用製品産業廃棄物に区分されるものもあります。
産業廃棄物の分類や、業種を限定する産業廃棄物の種類なども把握しながら適正に処理することが求められます。


出典:産業廃棄物の適正処理-千葉県環境生活部

産業廃棄物のマニフェストとは?

産業廃棄物は、事業者が自らの責任において処分するのが原則ですが、産業廃棄物処理業者の資格を得ている業者に委託して処分することもできます。ただし、廃棄物処理法と市条例で定める処理基準に従って処理しなければなりません。
たとえ業者に委託する場合においても、排出した廃棄物が最終処分されるまでの処理が適正に行われるように、しっかりと管理を徹底したり必要な措置をとる必要があります。
そのためマニフェストといわれる産業廃棄物管理票制度では、事業者がその産業廃棄物の処理責任を果たすために、適正に処理がおこなわれていることを確認し適正処理を確保していきます。
必要事項が書かれているマニフェスト(管理票)を照合して、適正に処理されたことを確認することができます。

電池を保管する際の注意点

電池には、アルカリ電池、リチウム電池、マンガン電池、ボタン電池など身近にある電池だけでも複数ありますが、保管の状態が悪いと液漏れや発熱、破裂などの恐れもあり心配です。
電池の向き(+と−)を間違えたり、「アルカリ電池とマンガン電池」や「古い電池と新しい電池」など異なる電池を混合して使用すると液漏れ等が起こることがあるので、消費者庁からも注意喚起がされています。また、乾電池を金属と一緒に保管すると、ショートすることがありますので注意が必要です。漏れた液や、乾燥して白い粉状になっている場合には、すぐに洗い流すようにしましょう。

会社からでたリチウム電池やボタン電池などの回収は!

事業系のゴミは事業者に処理責任があり、排出物を出さずに仕事をするのは不可能です。自社で適切に処分することができないときは、法律を遵守している誠実な業者を選ぶ必要があります。
現状では、法律の改正などにより事業系ごみや産業廃棄物の処分について関心を持つ方が増えています。
さまざまなお悩みがよせられますが、「余計な手間をかけずに適正に処理をしてほしい」「廃棄物処理違反などのリスクを避けたい」「オフィスビルで清掃業者が分別をせずに回収しているけれど大丈夫?」など気になる方は、ご相談ください。

電池の処理や事業系ごみのご相談は下記よりお願いいたします。
お問い合わせフォームへ>>

みどりBLOG一覧

みどりBLOG みどり産業ではたらくメンバーが、仕事の出来事や役立つ情報を発信していきます。

みどりBLOG一覧