夏の甲子園大会

猛暑の中、夏の甲子園大会も終わり白熱した試合が多く見られ感動を与えてもらいました。

今回は、毎年思う甲子園大会についての感想を述べたいとおもいます。

夏の甲子園大会を見ていて毎年思うのが、暑さ対策と過密日程についてです。

都市部の有名校には何人もの優秀な投手がいるチームがありますが、地方の公立校ではエースが一人で投げてかちあがるチームも多いようです。

疲れがたまった状態で行われる試合はとても見ていられません。

準決勝と決勝の間に休養日を入れることや、炎天下にさらされないドーム球場での開催などを検討すべきです。

一番大事なのは高校球児の健康です。

第100回大会の記念大会が終った今こそ、対策に乗り出すべきだと思います。

 

営業部 Y