企業指導型保育

この度、今年度4月より産休より復帰致しました。
1年3ヵ月のお休みを頂き、子供もすくすく育っております。

当初1年間の育児休暇の予定でしたが、保育所が決まらず、育児休暇を延長せざるを得ませんでしたが、会社の皆様のご協力、ご理解頂き本当に感謝しています。

復帰にあたり、問題だったのが保育先でしたが、みどり産業のお客様でもある保育所さんから「企業指導型という制度があって、提携契約等して頂ければ企業枠で確実に入れますよ(^^)」とご提案頂きました。

企業主導型保育事業とは、多様な就労形態に対応する保育サービスの拡大を行い、保育所待機児童の解消を図り、仕事と子育てとの両立に資することを目的とし、政府が事業所内保育業務を目的とする施設等の設置者に対する助成及び援助を行う事業(仕事・子育て両立支援事業)。

つまり、働くママの為に、仕事と子育てを国の制度と複数の企業が提携し、支援します!という内容の平成27年4月に本格施行された新しい制度です。

上司に相談したところ、内容を確認した上で、快く提携して頂ける事になり、無事に仕事に復帰出来る事になりました。

小さい子供がいると、働きたくても預けられず働けないと、テレビでは見るものの、どこか実感しなかったところもありました。
実際母親になり、いざ仕事を!と思うと、本当頭を抱え、悩みました。
もし、決まらなかったら...提携して貰えなかったら...
本当に不安な日々が続きましたが、ご理解、ご協力頂いた保育所の先生方、会社をはじめ、上司や同僚に恵まれた事を幸せに思います。

まだまだ小さく、甘えん坊な我が子ですが、健気に毎日頑張って通っている姿を見ると、「もっと一緒にいてあげたいのに(:_;) 」と思う反面、日々出来る事がどんどん増えていき、「ママも頑張るからね!この子の為なら頑張れる!」と思わされます!

色んな事情で仕事を必要としているママ達に!仕事との両立で頑張っているママ達に!
今日も一緒に頑張りましょう !

 

総務部.A