転職してできた時間のゆとり

成田支店 ドライバー 高橋

転職したきっかけ

前職は運送業で働いていました。運送業はお客様の商品を荷崩れで傷がつけたり、壊してしまうリスクがありとても気を使う仕事でした。また、転職前はただ寝るために家に帰るような生活で、朝早くから夜遅い時間まで慌ただしく働き、睡眠時間も1日3~4時間ほど、休日は週1回と働きづめで。
みどり産業に転職したことで、午後15時には仕事が終わり、自分の時間が取れるようになりました。

現在の仕事内容

私はみどり産業で回収ドライバーを担当しており、回収先は飲食店やスーパーなど1日80件ほど回っています。80件と言っても、近場で回っている場所などもあり、大体お昼頃にはめどがつけられます。
回収が終わると昼食を取り、トラックから荷物をおろして、会社に帰って報告書を書き、15時に退勤しています。

廃棄物は3Kと聞くけれど

一般的に、廃棄物と聞くとネガティブなイメージでやりたがらない人が少なくありません。
私も転職前はそんなふうに思っていたうちの1人です。
しかし、入社してから分かったのですが、お客さまもきちんとゴミ袋を縛って出してくれるので、そこまで臭いがきつい物はありません。自分たちも作業で汚れることが前もって分かっているときは、準備していけば汚れや臭いもそこまで着かないですし気になりませんよ。

入社を考えているみなさんへ

私はみどり産業に入社して、明るい時間に帰宅してから趣味の車いじりや海に行って釣りをしたり、プライベートに余裕をもって働けるようになりました。
みどり産業の社員は仲も良く、班ごとにご飯を食べに行ったりすることもあるんですよ。仕事とプライベートの両方を充実させたいという方はぜひみどり産業で一緒に働いてみませんか。