みどり産業は千葉県を中心に『環境ビジネス』に取り組んでいる会社です。「廃棄から物づくりへ」を理念に、事業系一般廃棄物(事業系ごみ)や一般家庭ごみの回収処理業務をはじめ、産業廃棄物の収集運搬、処分業(各種リサイクル)を行っております。

会社概要 みどり産業株式会社

みどり産業TOPページ > みどり産業について > 沿革

沿革

昭和51年01月10日 みどり産業株式会社を創立
昭和52年10月04日 みどり産業株式会社を設立、資本金300万円
昭和60年08月14日 資本金を増資し、500万円とする
平成06年02月20日 千葉営業所開設
平成06年07月25日 本社リサイクル工場設置(ビン・缶再生工場)
平成07年12月07日 資本金を増資し、1,000万円とする
平成09年08月21日 千葉工場設置(焼却・乾燥・破砕・固形燃料化及び減容固化による産業廃棄物中間処理)
平成13年05月01日 成田支店開設(M&Aによる事業エリアの拡大)
平成13年05月19日 大多喜営業所開設
平成14年06月20日 長柄工場設置(発酵による一般廃棄物・産業廃棄物中間処理施設)
平成21年10月13日 千葉工場焼却部門廃止(リサイクル事業への推進のため)
平成22年08月13日 現千葉工場を総合リサイクル施設としてリニューアルに伴い、新事業及び本社リサイクル工場代替施設立ち上げ

【新事業】
   ・フラフ燃料化(破砕・圧縮)施設
   ・蛍光管中間処理施設
【代替施設】
   ビン・缶+ペットボトル再生工場新設及び処理能力の拡大化






千葉の廃棄物回収処理・リサイクル みどり産業株式会社 このページの上部へ